ペットのお世話の現場から

ドッグトレーナーあいざわの思うこと。

犬のイメージはどんな感じ?

人がなんとなく持っている犬のイメージ。

あなたの中にはどんなイメージがあるでしょう?

 

私は犬を扱う仕事を始めてからは、犬は怖がりというイメージになりました。

実際、誰でも触れるオープンでフレンドリーな犬はとても少ないです。

 

なので、多くの飼い主様がこんなことを不安に思っています。

「うちの子は怖がりで可哀想…」

 

しかし、実は怖がりでは無いこともあります!

 

例えば、極小チワワの「はるまき」君は大変な怖がり!

…かと思われていました。

 

f:id:aizawamayako:20200824203714j:plain


初のご来店時、ブルブル震え地に足が付かない程でした。

しかし、それは単に緊張しているだけです。

 

まずは、抱っこから降ろしてもらい、自分の足で歩き納得行くまで周囲を観察してもらいました。

 

パニックを起こしているのでなければ、歩かせることをお薦め致します。

自分の足を使って感覚を掴めると、理解する脳も育ちます。

一歩一歩自分で進むことは、成功体験にもなります。

体を使えば排泄もうながされるし、オシッコが出来ると落ち着けます。

 

また、はるまき君は他の犬も苦手と伺っていました。

なのに、自分のペースなら犬がいる環境にも入って来られました。

 

自分のペースやタイミングって大事です。

長縄飛びをイメージして下さい。

自分で決めたいですよね!

 

しばらく外で過ごしたら、みんなではるまき君を置いて家に入りました。

そうすると、オズオズと入って来られました。

f:id:aizawamayako:20200824201548j:plain

こんなに行動出来るなら、怖がりでは無いと判断します。

むしろ、勇者!好奇心も旺盛です。

 

 

しかし、なぜ怖がりと思われたのでしょう?

 

はるまき君が「物事を理解して行動に出る」までのペースが、パパママが持ってる犬のイメージと違ってカナリゆっくりだからです。

 

はるまき君の処理速度で進めたら、理解できることが増え今より落ち着いて過ごせるでしょう。

 

 

さて、一般的な犬のイメージと言うと…

 

活発で明るくて人も犬も大好き!

犬はみんなお友達~

 

そんなイメージかも知れません。

 

しかし、体が小さい犬は戦いでは不利なので防衛するしかありません。

そのため、警戒心が強くて慎重で怖がりで、物事の変化に敏感で小動物のような振る舞いなのです。

 

そして、以外と知られていないのがこんなタイプです。

  • 静かに一人で過ごしたい。
  • 大勢より気の合う少数の仲間と遊びたい。
  • 犬喰いは無理!食の細い草食系。

 

 

ますます犬らしくありませんよね。

 

犬だって様々です。

 

一般的な犬のイメージにとらわれていませんか?

無理強いをさせないように、改めて愛犬の好みのスタイルを探り直してあげて下さいね。

飼い主の存在は犬を強気にする

写真が上手!

と皆さま褒めてくださいます。


f:id:aizawamayako:20200823085907j:image

ペットホテルにお泊まりや、ペットシッターでお留守番中のペットたちは、撮影にとても協力的なのですよ〜

 

しかし、それがお買い物で遊びに来たよー!!となると羽目を外しやすく…


f:id:aizawamayako:20200823090334j:image

何十枚とこんなんばっかりです。

 

写真撮らせて〜
f:id:aizawamayako:20200823090409j:image

イイよ!

 

ってほんの一瞬かい!!
f:id:aizawamayako:20200823090541j:image

 

さてこのように、どんな犬も飼い主の後ろ盾がある時は気が大きくなります。

 

ふざけて茶目っ気を出すくらいならともかく、強気になり、他人や犬に喧嘩を仕掛けることもあります。

犬としてはママがいれば助けてもらえるし、多少調子に乗っても大丈夫!と考えるみたいです。

 

だから、普段は吠える犬が、家族が留守の時は吠えないことは珍しくありません。

いつも吠えるこの家の犬、今日は吠えないな…ということはありませんか?

実は飼い主が不在で、犬は身を隠している可能性が大でしょう。

番犬どころか、留守を知らせてる様なものですが…

 

そのくらい、飼い主の存在は犬に安心感を与えているのです。

吠えたり喧嘩腰になるのは問題ですが、安心出来る人を増やしておくことは大切です。

愛犬をいつ誰に預けても大丈夫なように、身の回り全ての人に会う機会をつくり、慣らしてあげられたら安心ですね!

愛玩犬は家庭のアイドル

豆柴のケンシロウ君の様子から。

 

妹の相手を皆さんにおまかせして、
f:id:aizawamayako:20200822120802j:image

こっそりひと休み。
f:id:aizawamayako:20200822120723j:image

 

蚊取り線香と柴犬って似合う〜!

という声が上がり、カメラに囲まれる。
f:id:aizawamayako:20200822120742j:image

ギョギョ!

 

ビックリしても、人の期待に応えるのが喜びのケンシロウ君。

シャッターチャンスを公平に与えてくれました。

 

愛玩犬は家庭のアイドルです。

構われたり注目されたくない犬もいますが、人社会で生きる以上、人に付き合うことは喜びだと早い時期に教えてあげたいですね。

犬のマナー指導は同性の方が効果があり

今日のペットホテルの様子より。

 

ゴールデンのHANAちゃんがお買物にご来店

f:id:aizawamayako:20200821215018j:image


そして、柴犬兄妹もご来店。

今日も派手な登場です。
f:id:aizawamayako:20200821204748j:image

通常はお客様同士はかぶらないように致しますが、こちらのご家族は別のしつけ教室のお友達なのでお引き合わせ致しました。

 

早速、ちゃんぷる先輩に絡むゆりあちゃん。
f:id:aizawamayako:20200821204141j:image

怒られてるのに更に嬉しい!

f:id:aizawamayako:20200821204623j:image

思春期の口ごたえと言うか、

オトナをからかうと言うか。

 

こんな時、兄貴のケンシロウさんは見ないフリ。
f:id:aizawamayako:20200821204945j:image

ミナイミナイ…

ここに来た時は、妹の世話を他人任せにして楽をしています。

 

ゆりあちゃんの自由過ぎる態度に、HANAちゃんが耐えられず行儀指導に飛び出しました。

f:id:aizawamayako:20200821212541j:image

鎮静。

 

犬も、女子同士の方がマナー指導は効果が有ると思います。

同性のルール、異性のルールってありますモノね。

 

こうやって、犬は犬に学び経験をし、賢くなります。

犬の暮らしには、犬同士で過ごせる「犬時間」を作ってあげましょう!

 

今日のペットホテルの様子でした。

散歩の後はタライにGO

夏のお散歩。

 


f:id:aizawamayako:20200820105221j:image

涼しい時間でも、体は熱を持ちベロは最大限に伸びてハァハァ…

早く呼吸を落ち着かせてあげたいです。

 

暑い時期のお散歩の後は「タライにGO」しましょう。


f:id:aizawamayako:20200820105238j:image

早く無理なく冷やすには、水に浸かるのが1番です!

 

我が家の場合は、散歩から戻ったら庭先で小さなタライに飛び込みます。

 

水は足先まで張っています。

冷やしたいのは肉球なので、足先だけでも充分です。

水を入れ過ぎると嫌がるし、毛の長い子は拭くのも大変ですからね。

 

逆に、水好きの子はテンションが上がり火がつくかも知れません。

忙しい朝に騒ぎは控えたいですから、水量は程々に。

 

 さて、タライの中にただ立っていても良いですが、せっかくなので足をキレイにしましょう。

 

それには、オヤツで誘導してタライの中でクルクル歩くこと。

f:id:aizawamayako:20200820111317j:image

コレをするのとしないのでは、足のキレイ度が全然違います。

うちの場合はタライが狭いのと、おじいさんなのでゆっくり誘導していますヨ。

 

 

呼吸が落ち着いたら、外に出て、ガシガシ拭いて一丁上がり!
f:id:aizawamayako:20200820105251j:image

 

洗面のシンクが大きいお宅なら、シンクで簡単に出来ますね。

大きな子なら、大きなタライをご検討なさってはいかがでしょうか?

 

ペットシッター宅で、ゴールデンレトリバーさんが浸かっていました。

 

畳める桶は収納は良いですが、犬がフチに足をかけると畳まれてしまい堤防破壊します。

忙しい朝に仕事が増える可能性あり…

 

 

 

この「タライにGO」

メリットは、脚を拭くウエットティッシュを使わないのでエコです。

改めて、楽って地球に優しくないなーと反省しました。

 

デメリットは、ふとした隙に飛び出されると周りがビショ濡れになることです。

でも、そんなのも最初だけですヨ。

 

そして大事なこと。

新しい事を覚えてもらうときは、普段よりリッチなオヤツを使う事!

 

「こんな美味しいものがもらえるなら頑張るー!」

と思わせることが肝心なのです。

 

よく聞くのは「うちの子は何でも食べるから」発言。

本当に残念です。

飼い主様がそんな姿勢では、一生心の距離は縮まりませんヨ!

 

美味しい物で魅了してから、しつけという「お願い事」です。

給料の金額を提示してくれなければ、安心して働けないと思いませんか?

 

オヤツで上手に誘導して「こうして欲しいな」をしっかり伝えて下さいね。

すぐに覚えてくれますよ!

 

お薦めのオヤツ 

質の良さが与える特別感。犬の食いつき。人の持ちやすさを考えると、オヤツの中でトップだと思います。ぜひお試し下さい。 

ペットキャリー「リュック」も便利

ペットのいる暮らしでは、移動には車を使うことを想定しています。

そのため、安全に過ごせるクレートを使うことをお勧めしています。

f:id:aizawamayako:20200819104711j:plain

移動できる個室は、ペットホテルに来ても安心して過ごせます。

 

ただ、公共交通期間での移動や万が一の避難を考えるとリュックも良いです。

最近、リュックを購入しとても良かったのでご紹介したいと思います。
f:id:aizawamayako:20200819111748j:image

 

ペット用リュックをお薦めするシチュエーション
  • 多頭飼い
  • 公共交通機関を使う
  • 自転車、徒歩である
  • 一人で移動する
  • 避難を想定する

 

多頭飼いのご家庭は、両手にキャリーを持ってご自身のバッグを持つのは大変です。

そのため、カートタイプを選ぶ方も多いですが、段差や階段が辛いです。 

 

地面に近い分、夏の地熱、冬の冷え、キャスターから伝わる震動、居住性を考えても心配です。

 

それなら、一頭をハンドキャリー、一頭は背中に背負えたら、飼い主様の手の自由度と手の負担が減り安全です。 

 

特に公共交通機関でのご移動の場合、切符やスマホの出し入れもあるし、混み合う時や座れる時は前に抱えられます。

階段の移動は背負えるし、手を空けている方が安全です。

 

それに、どこに移動するにしても帰り道はペット+自分のカバン+想定外に増える物、例えば病院ならお薬、帰省なら手土産があるでしょう。

 

やはり、手は余裕を持って空けておきたいですよね。

 

そして、避難を考えると家族のだれもがペットの命の責任を持って、いつでもすぐに移動できる手段を整えておくことが必要です。

 

いつもはお父さんが運ぶ係とか、旦那様がキャリーを持ってくれるかも知れませんが、いつでもいるとは限りません。 

 

体力のないママや中高生のお子様でも、自分のペットを守れるようにしておきましょう。

 

オススメ出来ないペットたち
  • 興奮しやすい
  • 首輪で繋げない
  • 逃走経験あり
  • 器用・破壊する

 

この手の方たちは、壊れないハードキャリー限定です…

一緒に楽しく移動してという幻想は捨てましょう。

 

この様な商品には、必ずファスナーが使われています。

ファスナーは、犬も猫も簡単に開けられます。

 

また、必ずメッシュ素材も使われています。 

メッシュは、前足を器用に使う犬猫は瞬殺しますし、器用でなくても恐怖に怯え命がかかれば破壊します。

 

犬はトレーニングをすることで、足を使わせないことや、社会に慣らし興奮からの逃走を防げますが、猫の場合は完全に向き不向きがあります。

 

逃走防止のために中でつなぐこともできますが、猫の場合つなぐ事は止めたほうがいいでしょう。

 


まとめ


f:id:aizawamayako:20200819112047j:image

犬も猫も、新しい物を導入した時は使えるように誘導することと、慣れる時間が必要です。

 

今回の場合なら、リュックを部屋に出して置き、存在に慣れ興味をもってもらい「安全で快適」と理解してもらいましょう。

 

入って過ごせるならファスナーを閉めて、持ち上げ、運ばれる練習も必要です。
f:id:aizawamayako:20200819075135j:image

背負われると不安定になりますから、ゆっくり慣らしましょう。

 

人にとっては何でもない事ですが、ペットにとっては天変地異のレベルです。 

 

小さなことでも時間をかけて慣らし、きちんと教えてあげると理解して下さいね。

 

愛犬の居場所を指定する

愛犬は部屋のあちこちで寝ていませんか?

 

f:id:aizawamayako:20200814145401j:plain

社会を知った年齢の犬ならともかく、若い犬は人が動いては起き、郵便屋が来ては起き…

ウカウカ昼寝もしていられません。

 

望ましいのは、犬が寝るなら人が指示をしてクレートで休ませることです。

f:id:aizawamayako:20200814150622j:plain

 

ただ、ご家族がいる時は一緒に過ごしたいですものね!

それなら、いつも抱っこや好き勝手な所で過ごすのではなく、居場所を指定して落ち着く習慣を教えましょう。

 

家族だって、リビングで座る位置がなんとなく決まっています。

愛犬も、指定位置を決めましょう。

 

たまに、家のあちこちに犬の居場所があるご家庭が有ります。

犬の巣穴は一つという習性から、複数は無いほうが良いでしょう。

犬も「たまには使わなきゃ!」と気を使います。

無駄な気を使わせないように、きれいに洗ってしまっておきましょう。

 

犬も人も同じ。

寝室にベッドが一つ、リビングに椅子・ソファーでしょうか。

犬なら、クレートが一つ、リビング用にベッドやマットが一つあると良いでしょう。

 

リビングの居場所はココ、としっかり指定します。

その方が、愛犬も落ち着いて過ごせますよ!

犬が勝手に物を食べるお悩み

愛犬が勝手に物を食べるというお悩みは、新米飼い主さんアルアルです。

 

f:id:aizawamayako:20200813100524j:plain

 

解決法は簡単!

問題は、犬ではなく人だからです。

 

犬が食べる所に一切物を置かないだけです。

犬は食べます。

これは変えられません。

 

そもそも、犬が自由に行動していいのは、飼い主さんが一瞬も目をそらさず、見ていられる時だけ!と心得ましょう。

 

とは言え、実際そんなに犬を見ていられません。

だから、生活には犬の個室「クレート」が必要なのです。

 

 

犬の自由時間を犬に任せないこと。

 

犬は、一日中動き回っても大丈夫な体力と強いメンタル、知的好奇心があります。

だから、家の中の生活は刺激がなくて退屈です。

なので、いつも楽しいことを探しているのです。

 

そこで、「何だこれ?」と思った時。

人なら、可能な限り手で持ったり触ってみるでしょう。

犬には便利な手がないのですから、くわえてみるのです。

 

そして、犬は口に入るものは飲み込む習性があります。

 

やらずにいられないだけで、犬には良い悪いはありません。

だから、人が気をつけてあげるだけなのです。

 

また、人間の赤ちゃんが何でも口に入れて確認し理解するのと同じです。

その行動を、怒っても仕方がないので大人が気をつけると思います。

しつけなきゃ!なんて思いませんよね。

 

赤ちゃんの口に入れる確認行動は、一生続くことなく成長過程で無くなりますが、犬も同じく、一生何でも口に入れ続ける訳ではありません。

赤ちゃんも犬も、ある程度の経験と知識が貯まると「これは口に入れても美味しくない」と理解するのです。

成長過程で、もっと美味しい物を知ることも大切なのかも知れませんね!

 

誤飲は飼い主が防げます。

若いうち、せめて3歳くらいまでは一瞬も目を反らさず犬を管理して下さい。

 

うっかりで、愛犬を苦しませることの無いように全力で見つめて下さいね。

オヤツには意味づけをして

オヤツをどんなタイミングで与えていますか?

 

多いのが、おやつの時間だから。

▶動物には、おやつの時間は必要ありませんよー。

 

ゴハンのあと。

▶歯磨き用のオヤツを与える飼い主さまも多いです。

でも、パッケージにどんな素晴らしいことが書かれていようと、歯磨きとオヤツは別物です。人間に置き換えて考えてみましょう。

 

では、オヤツはいつ与えるのが良いのでしょうか?

 

その前に、オヤツの考え方を改めましょう。

基本的にオヤツは「お駄賃・報酬」として使います。

聞こえ方は悪いですが「オヤツで釣る」のです。

 

 

シビアですが「心が繋がってる」というのは、衣食住が満たされてからのお話です。

ズバリ、あなたとペットは食べ物で繋がっているのです。

だから、与える物と与え方を工夫して、ペットのハートを鷲掴みにする必要があるのです。

 

 

私がオススメしているオヤツの与え方です。

 

若い犬なら、お留守番やクレートに慣れる際に、オヤツと共に過ごしてもらいます。

その際は、大きめの乾燥お肉や骨系の噛むオヤツなら、格闘しているうちに疲れて寝てしまい、知らずとお留守番が成功体験になるのです。 

 

 

小さいオヤツなら、合図にしたがった報酬として使います。

恐怖の克服や新しい行動を引き出す時、繰り返しパクゴク与えます。

 

例えば、怖いもの慣れの場合、ソイツ(猫や犬や自転車、苦手な人など)が現れた時にご褒美を与えます。慣れてきたなと思ったら、徐々に距離を縮めてご褒美を与えます。 

このように、難易度をあげる為にオヤツで誘導し、慣れさせる為に使います。

 

オヤツはイメージチェンジのために使う、と心得ましょう。

 

さて、こちらは私の猫。

愛護センターでは、警戒心が強くて譲渡対象にならなかった猫でした。

f:id:aizawamayako:20200811160237j:image

私の猫なので懐いていたものの、ゴハン係ではなくなった途端、愛想が無くなりました。

そこで、オヤツで私のイメージアップ作戦を図ったところ、あっさり目の前まで来てくれました。これで少しは「美味しい」イメージになれました。

 

食べ物は、ただ与えたら飢えをしのぐものですが、意味をもたせたら動物と仲良くなれるツールなのです。

 

オヤツには必ず意味付けをして、しっかりペットのハートを掴んで下さいね。

愛犬は分離不安?自立を教えるのも愛

分離不安とは

愛着のある人物や場所から離れることに対し

不安を感じることの心理学用語である。

Wikipedia より

 

分離不安は、人にも見られる症状ですが、犬の場合、飼い主が買い物で留守にする、

姿が見当たらないほんの短時間でも症状があります。

 

例えば、

嘔吐下痢など体調を崩す、

部屋の中を荒らす、物を破壊する

いつもは出来るトイレの失敗、

何時間でも吠え続ける、

毛が抜けるほど自分の体を舐め続ける、

など。

 

 

しかし、なぜ不安になってしまうのでしょうか?

f:id:aizawamayako:20200810103917j:plain

 

ちょっとネットで検索してみると、

 

育った環境、

過去の恐怖体験、

生活環境の変化、

ペットホテルに預けられた、

加齢による聴力視力の低下、

 

などと、考えられています。

 

でも、犬はみな分離不安になる要素を持っているとも言え、トレーニングで精神を鍛えることで解決できる場合も多いのです。

 

もし、愛犬がストーカー的で行動がエスカレートしているなら、犬と人の物理的な距離を置く時間を作ってください。

 

方法は、クレートやハウスで、「一人で過ごす」時間を作りましょう。

留守番以外にも、家族が家にいる時もわざと「一人時間」を作ってください。 

 

そうすることで、犬と人の線引を学べるし、お互い自立心が養えます。

 

もしも、ペットホテルに預ける事になったら、分離不安では断られますし犬も体調を崩します。

 

万が一を想定するのも愛情です。

しっかり、自立を教えてくださいね。