ペットのお世話の現場から

ドッグトレーナーあいざわの思うこと。

初心と恐怖と習慣づくりを学ぶ日々

ドッグトレーナーは犬の通訳だと思っています。

犬の習性や犬の個性、犬の本当の気持ちをお伝えしています。

 

犬との暮らしにお悩みの飼い主様に、実のところを伝えると、

えー信じられない!

今までこう思ってたー!

昔はこうだったー!

普通、〇〇って言いますよねー?

などと驚かれます。

 

それだけ、時代遅れで間違った情報が浸透しているのです。

たった1度や2度、新しい情報を聞いたところで、簡単に理解して考え方や生活習慣を変えられるとは思っていません。

出来ることから始めましょうね。

というスタンスですよ。

 

そもそも、人の脳は身を守るために変化を簡単に受け入れられ無いように仕組まれています。だから、違和感があって正常です。

 

そして、事実を伝える側としては、新しいことを受入れる時の違和感や不安感、初心を忘れては犬と飼い主さまの気持ちはわからない、と考えます。

 

なので日々、苦手や初めてに挑戦し、「怖がる犬の気持ち」や「新しい習慣を生活の中に組込む段取り」を、身を持ってトライしています。

 

とはいえ、簡単なことばかりですが、今は「逆立ち」に励んでいます。

 

ナゼ逆立ちかというと、逆立ちの健康・美容効果が素晴らしいと知りました。

そして、私は子供の頃からマット運動が怖くて嫌いでした。

前回りすら「首を痛めたら!」と恐怖を感じます。

 

この「怖い!」という気持ちが肝心なのです。

 

初めて外を歩く子犬の気持ちであり、初めてクレートに入る犬の恐怖感です。

郵便のバイクだって怖いし、他の犬に吠えるのも怖いからです。

 

なんでも無いことに発生する「怖さ」の克服を体験したいのです。

 

そして、新しいことを続けるには環境が大事です。

まずは、気づいた時にすぐ取りかかれること。

そのために、いつでも運動が出来る服装で過ごし、いつでも運動が出来る場所が必要です。

それでも出来ない日があるのですから、習慣づくりこそ手強く難しいのです。

 

今回の私の場合、何が難しいかと言うと「飲食直後は出来ない」ことです。

このことから、どれだけ朝から晩まで飲み食いしているかも自覚出来ました。

1ヶ月以上試行錯誤して、ようやく最近コップに手を伸ばす時に「あ、逆立ちしてこよ」と思い出せるようになりました。

ある程度の時間も必要なのです。

挑戦は長期で取り組みましょう。

 

そんなこんなで、初心と恐怖と習慣づくり+健康&美容のために、こわごわ逆さまになっている毎日です。


f:id:aizawamayako:20200809134544j:image

練習をし始めると、必ず近くで見守る愛犬。

相当、私の姿が奇妙に映るのでしょうね…

犬にもある?チョット自慢な事

チワワのまるちゃんがお泊まり中。

 

散歩に行こうとしたら…

f:id:aizawamayako:20200808113708j:image

 

キヤー!ナニコレ??
f:id:aizawamayako:20200808113733j:image

 

 

マジマジと見つめるまるちゃん。
f:id:aizawamayako:20200808113800j:image

 

動かない物だと理解したらサッサと離れるものですが、なぜか離れません。


f:id:aizawamayako:20200808113901j:image

その顔は、余裕の表情。

さも、初めから平気だった感すらあります。

 

何だか…

スゴい大物を釣り上げたような。

猛獣と記念撮影をしているような。

 

怖かった物を克服して近くにいる事は、チョット自慢なのかも知れませんね。

 

今日のあいざわ流、犬の解釈でした。

犬に見る接遇マナー

ベルジアンシェパードドッグのアヴュールさんが、ドッグフードのお買物にご来店下さいました。


f:id:aizawamayako:20200806171211j:image

 

賢く凛々しいアヴュールさんが、茶目っ気を出して、チワワのちゃんぷるにごあいさつをしました。

 

軽〜く足先でツンツンしただけですが、大型犬の脚は大きく…

 

ちゃんぷる怒る!
f:id:aizawamayako:20200806180013j:image

ぶっ飛ぶアヴュールさん。

 

ガミガミ!
f:id:aizawamayako:20200806180106j:image

悪かったってば〜 

 

強そうな見た目からは想像もつかない、カワイイ声をあげてお許しを乞いましたが…

 

ガミガミガミガミ!

説教は加速する。
f:id:aizawamayako:20200806180247j:image

スミマセン…

チワワより小さくひれ伏していました。

 

犬は群れの生き物なので仲間と上手くやりたい平和主義です。

よほど世間知らずな若者以外、基本的に揉める事はありません。

 

ただし、今回のようにマナーを教える時など、先輩犬が厳しく声を出して指導をする姿も見られますよ。

 

そして、年功序列

キチンとお説教も聞くのです。

 

しかし、さすがシェパード!

状況判断がとても適切で早いです。

その場から立ち去らず、サッと小さくなり聞く体勢になりました。

 

そして、小さくなる事で相手の視線に高さを揃えているように感じました。

まるで、一流の接遇マナーみたいです!

 

相手が座っているのに、こちらが立ったままでは見下ろす視線になります。

威圧感を与えると、不安や不快な気持ちをさらに強めてしまうかも知れません。

 

アヴュールさんは、牧羊犬です。

なので、とても目力が強いのですが、自分の目力や身体の大きさが与える威力を分かっていて、相手に早く落ち着いてもらうために小さくなったのかな?と思いました。

 

そして、さすがチワワ…

相手がそんな配慮をしているとはつゆ知らず。

ホント、口から産まれたようなウルサさでガミガミと、感情にも火が付きやすいです。

歳を重ねて、さらに口うるさくなりましたヨ。

 

犬も色々。

面白いですね。

あいざわ流の犬解釈でした。

私たち冷房病?

8月になりクーラーがフル稼働しています。

とても快適ですが、1時間、2時間程度で息苦しさを感じます。

 

座ったきりでもなく、肉体労働でもなく、水分も補給しているのにナゼでしょう?

 

私の息苦しさと共に、お泊まりの犬たちも1,2時間おきに自由行動をします。

 

そうすると、外に飛び出して焦げる寸前まで遊んで過ごします。


f:id:aizawamayako:20200805150616j:image

 その姿は、冷房は「ありがた迷惑」か?と思うくらいです。

 

冷房は快適だけど不快。

気温差が負荷をかけているのはわかりますが、

それだけでは無いような気がします。

一体なんなのでしょう?

 

こんな記事を見つけましたので抜粋します。

 

医療法人社団幹人会 | 冷房病について より

冷房による冷えや乾燥など

不適切な人工環境に

長時間さらされること

によって生じる

自律神経異常、

血液の循環障害、

体液の乱れなど、

様々な臓器の機能失調を

引き起おこすもの

 

手足の冷えやしびれ感、

倦怠感、易疲労(いひろう)感、

神経痛、頭痛、肩凝り、

生理不順、下痢・腹痛・胃腸障害、

めまい、ふらつき、微熱感、

感冒様症状、膀胱炎様症状

等々

 

定期的な換気や

上手な空調を心掛けて下さい。

 

冷房病って、冷えを意味しているのかと思ってました。

自律神経がやられて体全体の機能が低下して息苦しいとは!

 

また、コチラの記事もわかりやすかったです!

エアコンを使う時に気をつけ欲しい事 | あさひ整骨院

 

換気をしてない部屋にいる時は

1時間に一台ずつ大型の冷蔵庫分の空気が汚れます。

 

頭痛やだるさを感じるのは

部屋の空気の汚れによる酸欠が原因です。

 

 

わたしたち、きっと冷房病。

間違いなく私はそうでしょう。

 

犬も必死にメンテナンスをするわけですね。
f:id:aizawamayako:20200805151123j:image

冷房の時期こそ1時間に1回、窓を全開にして外に出ることにします!

クレートがどのくらい大事かと言うと

クレートと呼ばれる犬の移動用のハードキャリーが有ります。

 

 

私はクレートを絶賛しています。

 

犬を健康に飼育するために必要な、食事、運動、医療と同じくらい必要だと確信しています。

 

ズバリ!

お金をかけるなら、しつけよりも優先順位は上です。

というより、クレートを使うことそのモノがしつけなのです。

 

クレートというのは、犬の習性にあった現代の巣穴です。

中で食餌するなら、誰にも邪魔されず安心できます。

中で寝れば、心が休まり疲れがとれ、健康で落ち着いた暮らしが送れます。

クレートなら、公共交通機関も利用できます。

 

とにかく、万能で優秀な魔法の箱です!

 

私がこんな考えなので、お泊まりの犬たちもハウスの指示にはカナリ前向きに反応します。

 

僕が!私が!

と、一番乗りの取り合いです。

 
f:id:aizawamayako:20200803114821j:image

 

手近な部屋に飛び込み褒められたいゆりあちゃんと、

部屋を間違っているのにドヤ顔でヨダレを垂らさないでよ〜!

と迷惑顔のマルタ君でした。

 

「うちの子はクレートに入りたがらない」とはよく聞きます。

 

それは、「こんな狭い所に」という飼い主さまの罪悪感が、犬を不安にさせていることが影響します。

 

犬にとってクレートは、嫌でもなんでもありません。

なので、「楽しい」「安全」という意味付けをしてしまってはいかがでしょうか。

 

犬がする、その行動の原因は人にあります。

愛犬は飼い主の心を反映していると意識して下さい。

 

犬ってサービス業

楽しい多頭飼い!

でも、散歩、食べ物、休み方、遊び方などいつでも「犬」を犬同士にしていませんか?


f:id:aizawamayako:20200802103726j:image

 

よく思い出してみてください。

 

人からの好意でも、チョット困る…と思った経験はありませんか?

 

例えば、花束!

 

女性には花をあげれば喜ぶ。

と思われたらマジ困ります。

 

まず、

・一人暮らしだと大きい花瓶が無い。もらってもバケツかバスタブですよ。

・例え花瓶を買っても、今後その花瓶を使う花を自分では買いません。よってタンスの肥やし決定。

・花束になると、花の香りが一人暮らしの生活空間にキツすぎます。

・勤め人ならほとんど家にいないから、見ぬ間に枯れてしまいます。

 

よほど、高級なワインやお菓子をくれたらいいのに…

と思いますが、お酒を飲まない方や甘い物が苦手な方には困るでしょう。

 

こんなふうに、もらう側の好みや状況を考えるって大事なことなのです。

 

もちろん、愛犬も同じです。

同じ種類の犬だとしても好みは全然違います。

 

例えば歩き方。
f:id:aizawamayako:20200802110130j:image

モクモクと集中して歩くタイプ。

 

一方、
f:id:aizawamayako:20200802110308j:image

人とコンタクトしながら歩きたいタイプ。

 

散歩ひとつでも、どちらかに合わせることはどちらかに我慢をさせています。

集団行動も大事ですが、個性も大事にする事を忘れてはイケマセン。

 

なので、時々で良いですから、飼い主様とマンツーマンの濃い時間を作りましょう。

お散歩なら、たまには時間を短めにしてでも、一人ずつ行く価値は有ります。


f:id:aizawamayako:20200802110438j:image

ゆっくり自分のペースで過ごしたい…

 

犬は群れの生き物ですが、一人の時間も必要ですし、リーダーの飼い主様とマンツーマンで過ごす時間も必要なのです。

 

ゴハンやオヤツにしても同じです。

とりあえず食べているけど好みでは無いかも知れません。

なので、たまにはオヤツを並べてランキングも必要です。

 

犬って人に対して24時間営業のサービス業です。

そんな犬の気持ちを理解してきめ細やかなケアをするのが、多頭飼いの醍醐味だと思います。

 

犬の気持ちや好みを探るのも飼い主のお役目!

昨日より、今日をもっと喜ばせてあげませんか?

犬のケンカ?実はこんな理由

犬たちが過ごす様子に解説がつくと、犬って色々考えているんだなーと思いますよ!

 

例えばこのふたり。
f:id:aizawamayako:20200731160214j:image

仲良くハイチーズ?

 

いえいえ。

 

これは怒って怒られて、疲れてひと休み中の光景です。


f:id:aizawamayako:20200731201109j:image

 

つい先程まで、マナー違反の柴ギャルにチワワ先輩が説教をすると言う、飼い主さまと私には毎度の光景が繰り広げられていました。

 

しかし、今日初めてご同行くださった親戚の姪っ子さんには、犬同士の大喧嘩に見えてしまいました。

すごい怖い声を出しているので、驚くかも知れません。

 

なので…

「チワワがお客さまに初めましてのご挨拶中、この娘がヤキモチを焼いて割り込みました。

それをチワワがマナー違反だよ!って注意したら、スミマセン…どころか、良いじゃん別にー!とおちゃらけたので、さらに怒ってます。

ほら、ヘラヘラしてからかってるみたいですよね?

怒られ慣れちゃって、怒られて楽しんでいるんですヨー。」

 

と解説しました。

 

その後の騒ぎも

「あ、マナー違反してる!怒って怒って!」

と見事に指示。

パターンを予測されてました。

 

 

これは良く知る犬同士、慣れた関係だから安全ですが、ドッグランのようにメンバーが変わる場では、誰もが毎回楽しく過ごせたり何かを学べる訳ではありません。

 

人間だって、会社や近所の付き合いのような知った仲でも面倒くさいなーと思うのに、知らない相手と一緒に過ごさなきゃイケナイなんて、なんの試練でしょう。

 

だから、愛犬には付き合いを無理強いせず、今日は楽しんでないなーと感じたら、終わらせてあげて下さいね。

 

犬の気持ちを読むことは、飼い主さんの大事なお役目ですヨ!

時間は買う時代

今はネット上で匿名で、誰かに仕事をお願いできる時代です。

 

なので、全部自分で完結することが正義ではなくなりました。

 

例えば、ベビーシッター。

子育てを他人に頼むなんて罪悪感があると、日本では浸透しません。

でも、昔って乳母が育てていたのに不思議ですね。

 

ダイエットもそうです。

自分のメンタルや体調管理を、トレーナーに任せてしまい「結果にコミット」しています。

 

ペット関連で言うなら、星の数ほどあるフードやオヤツを自力で良い物を探すなんて、ホント時間がもったいない!

 

身近な専門家が薦める物をサクッと選び、浮いた時間で愛犬と遊んだほうがお互い幸せです。

 

犬のしつけも同じです。

頑張り過ぎてこじれる関係もあるのです。


f:id:aizawamayako:20200730231150j:image

ギブアップはお早めに…

 

 

時間は有限です。

全部自分で理解してやり遂げる時間は有りません。

 

お金を払ってお願いする事で、自分の時間を作り出せます。

 

その時間で勉強するなり運動するなり、自分の価値を高めるのです。

または、疲れを取る、睡眠をとるなど、メンテナンスに当てるのもパフォーマンスが上がり良いですよね。

 

依頼する事は、苦手分野で自分を消耗しない事にもなるのです。

 

頑張らない事も大事。

時間は買える時代。

自分の価値を高める。

 

こんな事を考えた日でした。

犬の表情はとても豊か

お留守番のお世話中に思ったことです。

 

f:id:aizawamayako:20200729104542j:plain

兄貴分のポテトさんは、甘ったれで人のあとをついてまわるタイプですが、妹分のモナカちゃんは、少し距離を置いて体中で感情を表現して見せつけます。

 

だから、表情がとても豊かなのです。
f:id:aizawamayako:20200729102847j:image

 

 

兄貴分のポテトさんと交互に遊んでいましたが、順番待ちのルールを守っている時は…

f:id:aizawamayako:20200729102914j:image

揉めないように神妙に順番待ちのルールを守っていますが、つまらな気。

隙があればいつでも乗っ取ります。

 

 

自分の番の時は…
f:id:aizawamayako:20200729103023j:image

飛んだり跳ねたり、小躍りして全身で感情を表現!

興奮して目は輝き、意識を集中させ私の動きを見ています。

期待度も高いですよー。 

 

また順番待ち。

f:id:aizawamayako:20200729102901j:plain

ウズウズしつつ、高齢の兄貴に少しイライラ。

人だったら文句が出てそうです。

 

この他にも、イタズラしたあとの視線を合わせない「知らんぷり」や、

排泄します、排泄しましたー。

ゴハンを下さい、食べましたー。

 

など、逐一がわかり易いのです。

 

これは犬の性格にもよりますし、犬の体の構造にもよります。

皮膚の張り具合で、上手く表情が作れない犬もいるのです。

 

犬は、皮膚の動きで被毛の先端まで動かし言葉として活用します。

これも経験値で、皮膚被毛が上手く動かせず自分の気持ちが相手の犬に伝えられず、喧嘩を売られたりするトラブルが起きるのです。

 

きっと、上手に皮膚を使えない犬は、

能面のように見えるから怖いでしょうね。

 

また、毎日が単調で退屈で刺激がなく無表情になる犬もいます。

そんな犬は感情がなく、能面そのモノで表情は動きません。

 

くれぐれもそんなことにはならないようにしたいですね。

毎日の散歩に加えて、時々は少し遠くに連れ出したり、犬同士の交流をもたせるなど、犬に刺激を与えましょう。

 

 

さて、私は表情が豊かな犬は賢いと睨んでおります。

特に、目がよく動く犬は油断できません。

 

視野が広く観察力に長けていて、矛盾の追求もお見事!

素早く状況が読めるので、良い事も悪い事もスグ理解する賢さなのです。

 

賢い犬は、普段の生活でも能力を最大限に活かしています。

例えば、犬の表情についての研究があります。

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

この中では

「イヌが人間を操ろうと意志を持って表情を作っているかわからない」

とされていますが、操るどころか賢い犬は人間をしつけています。

 

犬の目線ひとつ、

犬の表情やしぐさで、

「ハイハイ、おやつー?」

「もう散歩の時間ー?」

「なでてなのー?」

などなど、

 

研究者には驚かれるかも知れませんが、

犬は表情ひとつで、人を簡単に操っているのです。

 

これも飼い主愛とも言えますが、

くれぐれも愛犬に翻弄されないように気をつけましょう。

ペットホテルで学ぶこと

学べるペットホテルの様子です。

 

先日、初めてお泊まりに来てくれたしゅん君です。


f:id:aizawamayako:20200726181448j:image

ご到着の際の吠えはなかなか激しく、興奮のあまり攻撃も見られました。

 

そんな様子を見せられたら、エネルギーがあり余ってるね??と判断されますヨ!

 

早速、お散歩をしてエネルギー発散。

興奮を落ち着けました。
f:id:aizawamayako:20200726181857j:image

 

見たことのない風景に凍りついたり
f:id:aizawamayako:20200726181719j:image

 

知らない犬とお散歩に行ったりf:id:aizawamayako:20200728093748j:image

 

ご来店のお客様にごあいさつをしたり

f:id:aizawamayako:20200726183917j:plain

 

自分より大きな犬に近寄られたり
f:id:aizawamayako:20200726183817j:image

 

普通のペットホテルと違って、ケージに入れっ放しどころか頻繁に連れ出されます。

 

脳は新しいことでパンパン!

吠える気力も無くなります。

 

疲れてしまい、普段は決して入らないと言うクレートに自ら入り良く寝ていました。

 

 

そんなしゅん君の様子をご報告すると…f:id:aizawamayako:20200728094351j:image

 

たったの1泊でしたが、お迎えのときには

「えー!」「信じられない!」「すご~い!」

 

などなど、

ご家族の皆さまから歓声を浴びて、誇らしげなしゅん君でした。

 

 

犬のお悩みのほとんどは、ちょっとしたコツで解決します。

 

私は今でこそドッグトレーナーですが、11年前は初心者飼い主でした。

愛犬チワワを甘やかして、危険な犬に育て上げた黒歴史があるんです。

 

そんな私でも、お利口に過ごせるように誘導出来るのです。

 

私が接してみて効果があったことはお迎えのときにお伝え致しますので、お家に戻ってもお利口をキープできるように頑張りましょう。 

 

ペットホテルを学びのキッカケに使って下さいね。