ペットのお世話の現場から

ドッグトレーナーあいざわの思うこと。

愛犬の居場所を指定する

愛犬は部屋のあちこちで寝ていませんか?

 

f:id:aizawamayako:20200814145401j:plain

社会を知った年齢の犬ならともかく、若い犬は人が動いては起き、郵便屋が来ては起き…

ウカウカ昼寝もしていられません。

 

望ましいのは、犬が寝るなら人が指示をしてクレートで休ませることです。

f:id:aizawamayako:20200814150622j:plain

 

ただ、ご家族がいる時は一緒に過ごしたいですものね!

それなら、いつも抱っこや好き勝手な所で過ごすのではなく、居場所を指定して落ち着く習慣を教えましょう。

 

家族だって、リビングで座る位置がなんとなく決まっています。

愛犬も、指定位置を決めましょう。

 

たまに、家のあちこちに犬の居場所があるご家庭が有ります。

犬の巣穴は一つという習性から、複数は無いほうが良いでしょう。

犬も「たまには使わなきゃ!」と気を使います。

無駄な気を使わせないように、きれいに洗ってしまっておきましょう。

 

犬も人も同じ。

寝室にベッドが一つ、リビングに椅子・ソファーでしょうか。

犬なら、クレートが一つ、リビング用にベッドやマットが一つあると良いでしょう。

 

リビングの居場所はココ、としっかり指定します。

その方が、愛犬も落ち着いて過ごせますよ!