ペットのお世話の現場から

ドッグトレーナーあいざわの思うこと。

ペットキャリー「リュック」も便利

ペットのいる暮らしでは、移動には車を使うことを想定しています。

そのため、安全に過ごせるクレートを使うことをお勧めしています。

f:id:aizawamayako:20200819104711j:plain

移動できる個室は、ペットホテルに来ても安心して過ごせます。

 

ただ、公共交通期間での移動や万が一の避難を考えるとリュックも良いです。

最近、リュックを購入しとても良かったのでご紹介したいと思います。
f:id:aizawamayako:20200819111748j:image

 

ペット用リュックをお薦めするシチュエーション
  • 多頭飼い
  • 公共交通機関を使う
  • 自転車、徒歩である
  • 一人で移動する
  • 避難を想定する

 

多頭飼いのご家庭は、両手にキャリーを持ってご自身のバッグを持つのは大変です。

そのため、カートタイプを選ぶ方も多いですが、段差や階段が辛いです。 

 

地面に近い分、夏の地熱、冬の冷え、キャスターから伝わる震動、居住性を考えても心配です。

 

それなら、一頭をハンドキャリー、一頭は背中に背負えたら、飼い主様の手の自由度と手の負担が減り安全です。 

 

特に公共交通機関でのご移動の場合、切符やスマホの出し入れもあるし、混み合う時や座れる時は前に抱えられます。

階段の移動は背負えるし、手を空けている方が安全です。

 

それに、どこに移動するにしても帰り道はペット+自分のカバン+想定外に増える物、例えば病院ならお薬、帰省なら手土産があるでしょう。

 

やはり、手は余裕を持って空けておきたいですよね。

 

そして、避難を考えると家族のだれもがペットの命の責任を持って、いつでもすぐに移動できる手段を整えておくことが必要です。

 

いつもはお父さんが運ぶ係とか、旦那様がキャリーを持ってくれるかも知れませんが、いつでもいるとは限りません。 

 

体力のないママや中高生のお子様でも、自分のペットを守れるようにしておきましょう。

 

オススメ出来ないペットたち
  • 興奮しやすい
  • 首輪で繋げない
  • 逃走経験あり
  • 器用・破壊する

 

この手の方たちは、壊れないハードキャリー限定です…

一緒に楽しく移動してという幻想は捨てましょう。

 

この様な商品には、必ずファスナーが使われています。

ファスナーは、犬も猫も簡単に開けられます。

 

また、必ずメッシュ素材も使われています。 

メッシュは、前足を器用に使う犬猫は瞬殺しますし、器用でなくても恐怖に怯え命がかかれば破壊します。

 

犬はトレーニングをすることで、足を使わせないことや、社会に慣らし興奮からの逃走を防げますが、猫の場合は完全に向き不向きがあります。

 

逃走防止のために中でつなぐこともできますが、猫の場合つなぐ事は止めたほうがいいでしょう。

 


まとめ


f:id:aizawamayako:20200819112047j:image

犬も猫も、新しい物を導入した時は使えるように誘導することと、慣れる時間が必要です。

 

今回の場合なら、リュックを部屋に出して置き、存在に慣れ興味をもってもらい「安全で快適」と理解してもらいましょう。

 

入って過ごせるならファスナーを閉めて、持ち上げ、運ばれる練習も必要です。
f:id:aizawamayako:20200819075135j:image

背負われると不安定になりますから、ゆっくり慣らしましょう。

 

人にとっては何でもない事ですが、ペットにとっては天変地異のレベルです。 

 

小さなことでも時間をかけて慣らし、きちんと教えてあげると理解して下さいね。