ペットのお世話の現場から

ドッグトレーナーあいざわの思うこと。

散歩の後はタライにGO

夏のお散歩。

 


f:id:aizawamayako:20200820105221j:image

涼しい時間でも、体は熱を持ちベロは最大限に伸びてハァハァ…

早く呼吸を落ち着かせてあげたいです。

 

暑い時期のお散歩の後は「タライにGO」しましょう。


f:id:aizawamayako:20200820105238j:image

早く無理なく冷やすには、水に浸かるのが1番です!

 

我が家の場合は、散歩から戻ったら庭先で小さなタライに飛び込みます。

 

水は足先まで張っています。

冷やしたいのは肉球なので、足先だけでも充分です。

水を入れ過ぎると嫌がるし、毛の長い子は拭くのも大変ですからね。

 

逆に、水好きの子はテンションが上がり火がつくかも知れません。

忙しい朝に騒ぎは控えたいですから、水量は程々に。

 

 さて、タライの中にただ立っていても良いですが、せっかくなので足をキレイにしましょう。

 

それには、オヤツで誘導してタライの中でクルクル歩くこと。

f:id:aizawamayako:20200820111317j:image

コレをするのとしないのでは、足のキレイ度が全然違います。

うちの場合はタライが狭いのと、おじいさんなのでゆっくり誘導していますヨ。

 

 

呼吸が落ち着いたら、外に出て、ガシガシ拭いて一丁上がり!
f:id:aizawamayako:20200820105251j:image

 

洗面のシンクが大きいお宅なら、シンクで簡単に出来ますね。

大きな子なら、大きなタライをご検討なさってはいかがでしょうか?

 

ペットシッター宅で、ゴールデンレトリバーさんが浸かっていました。

 

畳める桶は収納は良いですが、犬がフチに足をかけると畳まれてしまい堤防破壊します。

忙しい朝に仕事が増える可能性あり…

 

 

 

この「タライにGO」

メリットは、脚を拭くウエットティッシュを使わないのでエコです。

改めて、楽って地球に優しくないなーと反省しました。

 

デメリットは、ふとした隙に飛び出されると周りがビショ濡れになることです。

でも、そんなのも最初だけですヨ。

 

そして大事なこと。

新しい事を覚えてもらうときは、普段よりリッチなオヤツを使う事!

 

「こんな美味しいものがもらえるなら頑張るー!」

と思わせることが肝心なのです。

 

よく聞くのは「うちの子は何でも食べるから」発言。

本当に残念です。

飼い主様がそんな姿勢では、一生心の距離は縮まりませんヨ!

 

美味しい物で魅了してから、しつけという「お願い事」です。

給料の金額を提示してくれなければ、安心して働けないと思いませんか?

 

オヤツで上手に誘導して「こうして欲しいな」をしっかり伝えて下さいね。

すぐに覚えてくれますよ!

 

お薦めのオヤツ 

質の良さが与える特別感。犬の食いつき。人の持ちやすさを考えると、オヤツの中でトップだと思います。ぜひお試し下さい。